2010年07月06日

植村直己記念館②





展示の最後に、彼のこんな言葉がありました。

植村直己のメッセージ
ミネソタの子供たちへ

「君たちに僕の考えを話そう
僕らが子供のころ 目に映る世界は新鮮で
すべてが新しかった

やりたいことは何でもできた

ところが年をとってくると疲れてくる
人々はみんな諦め落ち着いてしまう
世界の美しさを
見ようとしなくなってしまう

大部分の人は 夢を失ってしいくんだよ

でも、僕はいつまでも子供の心を
失わずにこの世に生きようと思う
不思議なもの
すべての美しいものを見るためにも・・・

いいかい 君たちはやろうと思えば
何でもできる
僕と別れた後も、
そのことを思い出してほしい

やろうと思えばなんでもできるんだ」  
タグ :植村直己


Posted by sandomachikai at 20:12Comments(0)