2015年07月07日

足型七夕


「あっ、わたしの!」


見事な足型!


あしがみさん(足守神社)のお祭りに合わせ
今年も、足型七夕を募集しました。

みんなの足が健康で丈夫に育ち
そして
願い事が叶いますように!(^O^)/





  

Posted by sandomachikai at 08:40Comments(0)山東

2015年07月06日

竹灯ろうづくり



こちらは、
竹灯ろう製作班!!

7月5日(日)は、

足守神社のお祭り班、竹灯ろうづくり班、まち大班
に分かれ

それぞれ活動です。

灯ろうにニス塗り。
乾かすための工夫が毎回生まれてきます。



  

Posted by sandomachikai at 22:24Comments(0)竹燈夜

2015年07月06日

足守神社 御夢想灸


「足が軽くなった!」


お灸を据えた後の皆さんの感想です。

7月5日(日)
地元 
足守神社(和歌山市木枕)の「御夢想灸」
のお祭りでした。


足の健康健脚などの祈願のため
お灸すえや御祈祷です。

1000人近くのお参りがありました。

お灸すえは少しだけ痛そうでしたが
いちど、皆さんも試してみたらいかがでしょうか?


来年お待ちしています(^O^)/






  

Posted by sandomachikai at 08:50Comments(0)山東

2015年06月30日

たま駅長・・・逝去


たま駅長が亡くなりました。


ほんとにすごい猫でしたね。
私たちの活動があるのも

たま駅長効果で、和歌山電鐡が
全国に有名になったからに間違いないですから!


でも、本当にすごいのは
たま駅長を見出した

わかやま電鐡
小嶋社長さんなのでしょうね~~!!

たまのご冥福をお祈りいたします!

お疲れ様!ありがとう!







  

Posted by sandomachikai at 09:17Comments(0)わかやま電鐡

2015年06月29日

苗の成長 2週間(6月29日)



6月14日に植えた苗

着実に育ってます(^O^)/









  

Posted by sandomachikai at 23:54Comments(0)田んぼ

2015年06月24日

竹弦囃子


 8月15日(土)開催

竹燈夜in四季の郷
に、
ギターと篠笛のユニット

竹弦囃子
(ちくげんばやし)


お二人(愛川聡さんと山田路子さん)が
今年も来和し演奏していただきます。

今年で3回目。

楽しみです♪

昨年は、雨で竹燈夜は開催できず
山田路子さんのコンサートのみ伊太祈曽神社で開催したのですが

篠笛の心地よい調べにうっとりし、そしてまた迫力のあったこと!!

是非、みなさん
幻想的な夜の竹燈夜の風景と

心地よい調べを


お楽しみください!!









  

Posted by sandomachikai at 10:30Comments(0)竹燈夜

2015年06月22日

田植え 苗の成長1週間

さて、田植えから1週間たちました!


苗は、無事?!根づいてます!

少しずつ成長していますよ(^^♪






  

Posted by sandomachikai at 22:58Comments(0)田んぼ

2015年06月21日

足型七夕かざり


足の神様、足守神社
のお祭りが
7月5日(日)にあります。

それに合わせて、
地元の小学生などのつくった足型短冊を

足守神社に飾ります。

一般の方も、自分の足型を切り抜き、
こより(ひも)をつけて、
願い事を書いて、

お送り頂ければ、七夕に飾らせて頂きますよ~。





  

Posted by sandomachikai at 08:16Comments(0)山東

2015年06月20日

竹灯ろうづくり



さて、田んぼイベントも終わり、
次は竹燈夜in四季の郷です。

並行して、和歌山城の竹燈夜につかう
竹灯ろうづくりを日曜日からはじめます。




  

Posted by sandomachikai at 09:42Comments(0)竹燈夜

2015年06月19日

希望活動人口


先日の日経新聞で、東京大学の玄田有史教授のコメントが面白かった。

まず、地域で希望をつくっていくために大切なことは

 ① ローカルアイデンティ(地域らしさ)を磨き続ける
 ② 地域の内外を越えて多様なネットワークを築く
 ③ 様々なニーズや力を持つ住民の間で対話を積み重ねる

これによって希望の共有を図ることだと。

そして

 これからの地域にとって大事なのは、
住民人口だけでなく、むしろ希望活動人口だと。

 「希望活動人口」とは地域の将来に希望があると公言し、
その実現に向けて行動している人たちのこと。

住民が1万人から5千人に半減しても、希望活動人口が100人から1000人
に増える地域であれば、簡単に消えることはない。

と。

なるほど、そうですよね!





  

Posted by sandomachikai at 21:23Comments(0)講演会まちづくり(県外)