2016年09月12日

稲刈と案山子づくり

稲刈と案山子づくり 参加者募集します(^_^)v

チラシは、「ええとこ山東」ホームページをご覧ください。





春に手植えした田んぼで、子供たちに稲刈りをしてもらい、土とのふれあい、自然や農業体験を通して、豊かな心を育てます。
紀州・山東 案山子めぐりの案山子づくりあわせて行います。
参加希望の方は、下記までお申し込みください。

■ 開催日時 平成28年10月2日(日) 
10時00分~13時(小雨決行)
      (受付 9時30分から)
■ 場  所 和歌山市口須佐14
(玉置農機商会付近たんぼ)

■ 募集人員 30名程度
       大人も子供も参加可能です。
       小学生3年生以下は、保護者同伴のうえ、
       ご来場ください。

■ 参加料  500円/人(傷害保険含む、新米ご飯試食付)
       (※田んぼに入って稲刈り体験をする方のみ)


■ 申込方法 参加希望の方は、
氏名、年齢、学年、住所、保護者名、連絡先、電話
を記入のうえ、郵送またはE-mail、FAXで下記までお申し込みください。
      
郵 便:〒640-0301 和歌山市木枕27-1 山東まちづくり会
「さんどで田んぼ」係
E-mail:sandomachikai@gmail.com FAX 073(478)2636

■ 申込締切  9月28日(水)まで(※ 定員になり次第締め切ります。)

■ その他
(1)汚れてもいい、軽装で参加ください。
(2)長靴等ご持参ください。(軍手もご用意願います)
(3)着替えは各自ご用意願います。
(4)水洗いと着替え場所は用意しています。
(5)案山子づくりで使う、古着等もご用意ください。
案山子の頭には、ビニール袋を使います。
   
■ お問合せ E-mail: sandomachikai@gmail.com
       電 話: 吉田(090-5159-1235)
(電話でのお問合せは、午後6時以降)



  

Posted by sandomachikai at 01:02Comments(0)田んぼ

2016年08月29日

まだまだ続く、竹灯ろうづくり



今年のお城の竹燈夜のための竹灯ろうづくり、お知りに火がついてきました。

乾燥させて
  → 切った竹灯ろうの切断面をなめらかにバリ取り
   → 今年は初めて、竹を火炙りして磨き
    → ニスを塗ります




  

Posted by sandomachikai at 22:43Comments(0)まち会竹燈夜

2016年08月28日

面白かった、講演会!!

H28年8月27日(土)
H28年度山東まちづくり会 総会終了しました。

これは、まぁ速やかに終了し、

その後の講演会。

和歌山大学 海津一朗教授による
「フィールド・ミュージアム山東の可能性」~かくばんマジックを活用しよう~

ほんと面白く興味深いお話でした!

懐かしい「赤影」の映像もあり、なんとそこには根来忍者が出ていたとは!
子供の頃は、まったくそんなことは知る由もなく、何故か戦国時代に怪獣がでてきたりしていたが、ただただ白影が的に捕まり、はらはらしたりしながら、最後には赤影が悪をやっつけるのを、毎回楽しみにしていた。

そんな、特撮TVにも、かつては根来寺の受領であったわが山東も少しは関係することなど、本当に興味深いお話でした。


まだまだ、発見はあったのですが、なんとかこんなものも活用して
楽しい山東にしていきたいなと。


それにしても、しららないことがまだまだいっぱいあるこtに、改めて気づかせていただきました。

最後には、白石先生の中世のお城のお話も伺い、これまた、初耳もあり、有意義な総会となりました。

海津先生、白石先生 ありがとうございましたm(_ _)m








  

Posted by sandomachikai at 23:32Comments(0)まち会

2016年08月22日

8月27日(土)歴史講演会 開催


8月27日(土)19時から 「歴史講演会」開催します。

場所:伊太祁曽神社 常盤殿
講師:和歌山大学 教育学部 教授 海津一朗さん
演題:「フィールド・ミュージアム山東の可能性」
     ~かくばんさんマジックを活用しよう~
  覚鑁や山東についても研究されている海津先生のユーモアあふれる楽しいお話をしていただきます。

講演会後20時頃から先生を交え、参加者と交流会も開催します。
参加費:無料(参加自由)

(参考)18時30分~ 山東まちづくり会 H28年度 総会



  

Posted by sandomachikai at 23:04Comments(0)講演会山東風景

2016年08月14日

竹燈夜in四季の郷イベント終了しました。


なんとか、それなりの成果を出し
終了することができましたm(_ _)m


今回は、山の日もあり
ある程度、余裕かなと思っていたのですが

最後の最後になってチャッカマンの不具合
数量不足で

バタバタの竹燈夜でした。

ご来場の皆さんには、色んな形でお手伝いいただき
本当に感謝、感謝ですm(_ _)m

なんとかボランティアのみなさん
来場のみなさんのご協力で

たくさんのお客さんにお越しいただき
まずは、成功。

でも課題も露呈し
もっと事前の準備と
シンプルさも必要でした。

ほんとうにご来場のみなさん
ボランティアのみなさん

ありがとうございましたm(_ _)m


まだ、本日の片付けが
残っていますが、事故もなくイベントが終了できたこと

ありがとうございます。
あ~、バタバタの中

碌な写真も撮れませんでした。


フォトコンの作品が楽しみです(^_^)v












  

Posted by sandomachikai at 00:10Comments(0)竹燈夜

2016年08月05日

うれしい~!!!感謝!


竹燈夜のボランティアをネットのボランティアサイトなどを通じて募集しています。

ACTIVO


若い人たち

他府県の方まで
応募して頂いています。


本当に嬉しくありがたいことですm(_ _)m

まだまだ、募集していますよ~





  

Posted by sandomachikai at 05:17Comments(0)竹燈夜

2016年07月24日

竹灯ろう、なんでやねん!?!?!?


竹灯ろう お借りしてきたのですが

それに合わせて

来年から

「レンタル料をいただきます」

とのこと。


マジですか?!


私達、地域を、和歌山市を盛り上げようと
ボランティア活動しているのに
(勿論、経費もすべて持ち出し)

そこで

レンタル料
取りますか???!!!



和歌山市以外の場所や営利団体に貸し出すのだった
それは当たり前


だと思いますが・・・


勿論、他へ貸し出すことによって
傷んだり、破損したりすることがあります。

確かに、
貸し出す方は
余計に経費がかかるのは間違いないとは思います。

予算が少なくなっている、そんな事情もあるとは思います。

でも

納得がいかない!

竹燈夜は 私達 山東の他

和歌浦、大進、加太、広瀬などで開催され
それぞれまちを盛り上げようとしている。


新たに入ってくるレンタル料を考慮しても
私達ボランティア団体等の
活動・心意気に
かなり水を差すようなお話です。

まちづくりは観光に繋がる活動
だと思うのですが。。。

みなさん、どう思います???







  

Posted by sandomachikai at 09:34Comments(0)竹燈夜

2016年07月24日

不思議な?竹灯ろう


竹灯ろうを市内某所から、運搬してきました。

移動だけで、往復1時間弱かかるのでこれが大変です。
地域の方の応援も頂き、合計 七台の車で運搬です。

そして、四季の郷公園近くの倉庫をお借りし竹燈夜まで保管します。

ダンボール箱 計 522箱
平均15~16個として 約8,000本の竹灯ろう。



それにしても、不思議なこと。
毎年1,000千本づつ、新規に竹灯ろうを製作しているのに


増えていない!

なんで?!?







  

Posted by sandomachikai at 06:15Comments(0)竹燈夜

2016年07月23日

紙コップランタン


わかやま電鐵 伊太祈曽駅に竹燈夜で展示する
紙コップランタンのお絵かきセットを置かしていただきました(^^ゞ

海外からの観光客の方が
結構描いてくれてます
(^_^)v




  

Posted by sandomachikai at 04:30Comments(0)竹燈夜

2016年07月21日

緑映える、山東



山東の田んぼの風景

今はこんなに綺麗です。




  

Posted by sandomachikai at 23:09Comments(0)田んぼ